【江戸の粋】貴重な神代楠で造る万年筆兼用ボールペン
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

【江戸の粋】貴重な神代楠で造る万年筆兼用ボールペン

残り3点

¥12,000 税込

送料についてはこちら

二千年の時を超えて蘇る芳醇な香り。ペンの材料となる神代楠は平安時代中期の古文書に載っている大楠の杜の樹齢千年の大楠です。(諸説あり) このような由緒の判る神代木は珍しく、樹齢千年の大樹が1300年間埋れていた訳ですから、この大樹の芽吹いた時は紀元前という事になります。いまだに芳醇な良い香りがすることに木の生命力を感じます。心癒される芳醇な香りの筆記用具をお手元に縁起物としてお納めします。懐剣型のペンケースサイズ:長さ19㎝幅3.8㎝ に入れてお納めします。記念品やご贈答にもどうぞ。樹齢千年の大樹が今よみがえります。紀元前の芳醇な香りと共に千年のご縁であなたの日常生活に潤いを与えてくれます。房紐を外さなくてもスリットの部分から簡単にペンの出し入れができます。キャップはペン軸後ろに装着できます。万年筆とボールペンの兼用型で簡単に変更が出来ます。ボールペンは当社厳選のパイロット製ゲルインク(LG2RF-8EF-Bブラック0.5極細)を使用します。日本の神代楠を日本で日本人の職人が加工しています。サイズ:長さ約14cm太さ約1.2cm 材質神代楠。【ポコチェ誌5月号】掲載作品です。